Langue - 言語

新着情報

「日本セクション入学説明会 2018/2019」は、2018年 1月 27日(土)の午前中に Lycée International 校内にて行われます。
 
2017年9月  中等部・高等部図書館の「新着図書案内」が追記されました。
2018年のカレンダーが追記されました。(2017年9月) 
 
 
2015年5月27日 日本セクション「卒業生の入学先」のリストを更新いたしました。

 リセの特色

フランスの名門公立校、リセ・アンテルナショナル サンジェルマン アン レイ(2005年12月までは国立、その後はイルドフランス地方自治体とイヴリンヌ県の管理)は、外国から来た子供たちに母国の文化と教育を大切に保持させながら、フランスの教育を行っています。

バイリンガル・バイカルチャーの教育の場として、14カ国の子供たちが共に学ぶ環境はフランス唯一のものです。

リセ・アンテルナショナルサンジェルマンアンレイはパリの西約20キロ、ルイ14世が誕生したお城のある森に囲まれた街、サンジェルマン・アン・レイにあります。 1952年にNATO将校の子弟のために設立されたのが発端で、国際色豊かな校風は現在まで続いています。

イギリス・ドイツ・ポーランド・オランダ・イタリア・スペイン・ポルトガル・ノルウェー・デンマーク・スウェーデン・アメリカ・ロシア、中国そして日本の14カ国のセクションの生徒がフランス語で数学や理科などの一般科目を習っています。そして中等部までは週6時間、高等部では週8時間、それぞれの国のセクションで国語と社会の学習をします。

また、「各国の文化を大切にしていこう」という観点から、さまざまな行事が催され、日本文化だけでなく他国の文化にも数多く触れることができます。


 

トップに戻る