Langue - 言語

OIB   (Option Internationale du Baccalauréat)

 フランスの高校3年 (Terminale) の学年末には、バカロレアと呼ばれる国家試験が行われ、これに合格すると大学入学資格が得られます。

リセ・アンテルナショナルでは国際オプションのバカロレア ( Option Internationale du Baccalauréat ) を受けます。

このOIB というのは、

1、通常バカロレアの第一外国語の代わりに、当該国(日本セクションは日本語)の国語科の筆記・口頭試験を受ける。

2、通常バカロレアの地理歴史科の問題の代わりに、当該国(日本セクションは日本)の地理歴史の内容を加味した問題の筆記・口頭試験を受ける。

3、上記2科目の試験問題作成と採点に当該国の教育省(日本セクションでは文部科学省)が参加・協力する。

他のセクション同様に、日本セクションもOIBを実施するに当たり、セクション設立後、フランス文部省と日本の文部科学省に、そのシステム導入の依頼を続け、両省の間で、2002年5月にその協定に調印がなされ、2003年6月より日本セクションの生徒に対し、このOIBが実施されています。

この試験の合格証書は、語学力と知識が極めて高い日仏バイリンガル・バイカルチャーのレベルであることの証明書となります。

バイリンガル教育を受けるということは、学習する範囲、量全てにおいて他校とは比べものにならないくらい多いのにもかかわらず、常にバカロレアの成績、また生徒の進歩状況、学校施設の充実度など、どれもハイレベルを保っています。 

リセ・アンテルナショナル サンジェルマン アン レイはこのように素晴らしい学校なのです。

トップに戻る